2014年07月15日

日本における抗がん剤

●化学療法 (悪性腫瘍)について(8)

●日本における抗がん剤

日本国内においては薬事法上、厚生労働大臣の承認を得た薬剤でなければ製造・販売が認められない。

すでに海外で市販されている薬剤においても例外ではなく、日本国内での臨床試験を経て承認審査が行われる。

この承認手続きには通常1年以上の期間を要するため、海外ですでに標準治療薬とされている薬剤が日本国内では使用できない事態が生じることがある。

特に新規抗がん剤において顕著であり、問題視されることがある。

なお、個人輸入に関してはこの制限を受けないが、厚生労働省は安易な個人輸入は危険であり行うべきではないとしている。


●癌の長期管理

化学療法の副作用以外に癌の長期管理では様々な問題がおこってくる。

ここでは主に支持療法と呼ばれる分野の解説を行う。



疼痛管理

癌性疼痛の他に、医原性の疼痛も存在する。

これらは緩和医療に詳しく書かれている。

悪心主に化学療法の副作用によって起こるが、それ以外のものもある。

最も頻度が高いのは急性嘔吐であり、これは治療後24時間以内におこる。

これは化学療法の副作用と考えられており、制吐剤を治療前に投与するなどしてコントロールする必要がある。

治療後1週間以内におこる嘔吐を遅延性嘔吐というが頻度は高くない。

まだ化学療法の苦痛が条件反射によって組み込まれ、治療前に嘔吐する先行性嘔吐というものもある。


滲出液

栄養

心理面これはキューブラーロスによって詳しく研究されている。

死に行く病でどこまで治療効果を求めるかは患者の価値観によって変わってくる。


以上
posted by ホーライ at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 抗がん剤について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。